国内製と海外製の違いとは

文化による認識違い

バスト

女性によってブラジャーはファッションとしての要素が大きく、楽しむものになっています。正しいサイズを確認し、カップを合わせて綺麗に着こなす事が美しく見せるためのポイントです。意外な事ですが、自分のカップを把握していない人も多いのです。Bカップと思い込んでいて、プロに測り直してもらったらCカップだったと言う事も、またその逆もあります。日本ブランドのブラジャーは日本人の体形やニーズに合わせて、機能的に作られています。時代によってカップを大きく見せたいか、小さく見せたいかも変化するので、その時の流行でデザインやキャッチフレーズも変わります。日本ブランドはその時の要望を形にする事が得意なので、締めつけ感が不評であればワイヤーレスのブラジャーなどを開発して商品として販売します。海外ブランドはジュエリーの感覚なので、見た目勝負のところがあります。ブラジャーに高級レースを使ったり、エロティックなデザインにしたり、日本ブランドにはない美しくセクシーな物を作り出すのが得意です。海外にはブラジャーなどの下着を夫婦やカップルで選ぶ習慣があります。その事が機能性よりもデザイン性が重視される理由です。海外の方はカップを気にすると言うより、どれだけセクシーに見せるかを重要視するので、カップを重要視する日本人とは感覚が違います。価格の面で日本ブランドは驚くような差はありませんが、海外ブランドは高級なものになると素敵なドレスが一着購入できるような高価な物もあります。そのような高価の物であっても海外ブランドではニーズがあると言う点で、日本ブランドとは異なります。

締め付けやアレルギーなどが原因

レディ

ブラジャーやショーツなどの下着を着用することで、肌荒れを起こすことがあります。主な原因として、下着が接触することによって皮膚炎を起こしたり、素材によるアレルギー反応のようなものであったりすることが考えられます。ブラジャーやショーツは、体にぴったり密着して、摩擦が起きやすいといえます。まずは、締め付けすぎる、小さいサイズの下着を着用していないかをチェックしましょう。また、下着の素材については、綿などの通気性や吸水性のよいものがおすすめです。素材が天然素材でも、タグや縫い糸など、一部分が化学繊維であり、それが原因となることがあります。ブラジャーで肌荒れを起こす場合は、カップの下のアンダーバスト部分がかぶれやすいといえます。バスト部分は意外に汗をかく部分です。カップ下のワイヤー部分は汗が溜まりかぶれやすい部分です。さらにワイヤーによる締め付けで悪化することがあります。また、ワイヤー部分が金属製のものであると、カップ部分の劣化によって肌に接触し、金属アレルギーの反応を起こしてしまうこともあります。アンダーバスト部分の肌あれがなかなか治らない、という場合は、ブラジャーが劣化していないか、また、カップのサイズは合っているか、小さすぎるブラジャーではないか、チェックしてみることがおすすめです。その他、洗剤の溶け残りが下着に付着していることも原因である可能性もあるので、洗濯方法や洗剤を見直してみましょう。

女性ならば、誰でも自分の顔や体型が気になるでしょう。日本人女性は特に自分の容姿に劣等感を抱いている人が多いので、別に太っているように見えなくても本人はとても気にしているケースが多いです。男性よりも女性の方が自分や他人の体型に敏感なのは言わずもがなですが、その中でも女性特有の悩みで自分の胸のことを挙げる人は多いです。カップが小さい、或いは大きくて悩んでいたり、カップ数が大きいことによって可愛いブラジャーが無かったり、一口に胸と言っても実に多種多様な悩みがあります。出産や体型の変化によりブラジャーが合わなくなったという悩みを抱えた人も多いでしょう。ブラジャーのカップやワイヤーが合わないと、健康にまで危害が及んでしまう可能性があります。逆に、自分に合うブラジャーをつけると、肌への負担を減らし、自分の体型をより美しく見せられるというメリットが得られます。そんな風に自分の胸に合ったブラジャーを見つける為にまずしなければいけないことは、胸のサイズを測ることです。トップとアンダーを正確に測る必要があります。また、ブラジャーを購入する時は通信販売では無く店舗に直接足を運ぶようにしましょう。店員からのアドバイスを受けたり、試着したりできるので、自分の体に合ったものを選べます。試着した際にはワイヤーの調節を行ったり、正しい方法でブラジャーを付けたりすると更に不一致を防げます。ブラジャーのカップが合わない人は、我慢を続けるよりも新しいものを買うべきでしょう。